お問い合せ


電話番号

施術時間


土曜午前は施術しております。
(午前)08:30~11:30です。
(午後)16:30~19:30です。
施術時間の詳細はこちら

院長プロフィール

健康アドバイス

女性鍼灸師治療コラム

女性特有の病気や悩み、冷え性からくる
肩こり・腰痛、ストレス等のコラムです。
女性お一人様でも安心してご来院下さい。
女性スタッフが在籍しています。

★2018年 11月の診察カレンダー
カレンダー

は休診日です。
は午後から休診です。

 

予め「ご予約」いただく事でお時間通りに確実に時間を確保致します。
予約の詳細はこちら

 

京都東インターすぐ
JR「山科駅」徒歩10分
京阪電車「四宮駅」から徒歩10分
滋賀県大津市からもご来院いただいています。交通事故のリハビリも。

インスタグラム

▲インスタグラムもご覧くださいね

ツイッター

  • ひで鍼灸整骨院
  • ひで鍼灸整骨院院内

全ての患者様に対して24年の実績のある
院長自らが対応させて頂いています。

当院の鍼灸施術は、経絡による全身治療を特徴とします。鍼灸院と整骨院を併設しており、症状に適した治療法を選択します。女性特有の症状でお困りの方に対しては女性スタッフもおりますので安心してご来院・ご相談ください。地元山科の地で皆様に愛されて24年になります。
施術治療の際、予めご予約いただくと確実に時間の確保を致します。

完全予約制

 


自費治療、特に針、灸を受けたくない方は、前もって受付までお申し出ください。

 自費治療との混合治療の患者様は、一週間に1、2回通える方にお勧めします。
 保険治療のみの患者様 は、一週間に3回以上通える方 にお勧めします。
尚、当治療院での混合治療と保険治療のみの患者様の割合は、約70%、30%です。

→ 詳細はこちらをご覧ください。

新着情報

 

【2018.11.01】
11月度の診察カレンダーを更新致しました。

■予め「ご予約」いただく事でお時間通りに時間を確保致します。予約の詳細はこちら
 木曜と土曜の午後は休診 致します。

健康アドバイスは「足の冷えに関するお灸のツボ」です。下記をご覧下さい。

【2018.10.10】
院長の鍼灸整骨や趣味をインスタグラムで紹介しています。どうぞお立ち寄りくださいね。

【2017.3.01】
健康アドバイスは「弁護士主催の交通事故セミナー」です。
冷え性について」も案内しています。バックナンバーをご覧下さい。

【2015.4.01】
健康アドバイスは「交通事故について」です。バックナンバーをご覧下さい。

【2014.11.17】
岐阜県で行われた日本鍼灸師会全国大会に参加しました。

【2013.2.04】
健康アドバイス1月は「坐骨神経痛」、2月は「整骨治療と鍼灸治療の違い」です。
バックナンバーをご覧下さい。

【2012.6.01】
京都市山科区四ノ宮「ひで鍼灸整骨院」のホームページを開設致しました。
当ホームページより鍼灸整骨の情報を発信し、皆さまのお役に立てるよう邁進致します。

 

交通アクセス

周辺マップ
〒607-8035 京都市山科区四ノ宮神田町19ヴィラ大成1-B

外観

京阪京津線 四宮駅から徒歩3分!
駐車場周辺写真はこちら

ひでの健康アドバイス

足の冷えに関するお灸のツボ 2018年11月

寒い季節になってきました。
これから足の冷えが強くシモヤケや冷えのぼせ
そんな人の為に少し良いお話と良いツボをご紹介します。

基本的に東洋医学的に足の冷えの原因は、足先の末端まで行かない循環器の問題、運動不足や筋肉不足によるもの、これは【肝臓の機能低下によるタイプ】です。

足の先まで血が流れても、血自体が薄い栄養分の少ないものだったりするのは【胃腸機能の吸収不足によるタイプ】

呼吸器の不足により酸素があまり血に入ってない為、【熱量が上がらないタイプ】、などがあります。これは、なかなか自分で治療するのは難しく思います。

東洋医学の体を全体的に治療しなければならない根本的治療が必要なのです。でも自宅でちょっとでもこの時期楽になれる方法はあります。
それでは個人でできる足の冷えに効くツボとお灸の方法をお教えします。

 

足の冷えにお灸

 

場所は両足の指の足で、指間穴と言います。指と指の間が左右で8個あります。このツボにせんねん灸を1日、二回して下さい。それを1週間続けて下さい。おそらくそれでだいぶ良くなると思います。
この指間穴は、脳梗塞などの下肢麻痺がある時に良く使うツボでも有りますが、とても下肢に血流を良くするのに効果があります。上記の写真をご参考いただき、頑張ってやってみてください。お灸と鍼で改善してみませんか。
これからの季節、冷え性でお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

 

健康アドバイス バックナンバーはこちらから