土曜日も施術しております。
(午前)08:30~11:30です。
(午後)16:30~19:30です。
施術時間の詳細はこちら

院長プロフィール

健康アドバイス

女性スタッフ治療コラム

女性特有の病気や悩み、冷え性からくる
肩こり・腰痛、ストレス等のコラムです。
女性お一人様でも安心してご来院下さい。
女性スタッフが在籍しています。

部分・全身治療の目的

 

当院の「はり・灸」は、東洋医学的鍼灸治療(全身―経絡治療)と西洋学的鍼灸治療経絡(局所治療)があります。


「経絡治療は」
臓腑のエネルギー「気・血・水」の調整による全身治療の鍼灸です。自然治癒力を高め、影響力の大きい鍼灸ですが、はりは体表に対して接触程度です。
痛みは全くありませんので、どうぞ安心して治療をお受け下さい。


「局所治療は」
疼痛、血行促進、筋肉弛緩を目的とし、局所にはり、お灸をする治療です。
全身治療よりも時間は短くすみます。

 

軽い肩こりは、適当な体操・ストレッチング、散歩や温浴と共にツボへの鍼が大変有効です。慢性の肩こりやぎっくり腰でお悩みの患者さまも丁寧に施術しています。
近代医学の目覚しい発展により人々は、ややもすると薬、手術のみを重視しがちですが、病気に陥っても、人間自身が自然に治す力“自然治癒力”が機能することを忘れてはいけません。
私ども鍼灸師は、ツボを刺激することによってこの機能を増強させる事が出来ます。

 

当院の大きな特徴


●鍼灸で効果のある症状
頭痛 気管支炎 片麻痺 感冒 各種神経痛
下痢 うつ 不眠症 顔面神経痛 肋間神経痛
三叉神経痛 腰痛 高血圧 低血圧 慢性関節リュウマチ
胃炎 腸炎 胃酸過多 五十肩 肩関節周囲炎
脳卒中後遺症 顔面神経痛 ムチウチ テニス肘 メニエル症候群
アトピー 気管支喘息 肌荒れ 眼性疲労 鼻炎・花粉症
ヘルニア むち打ち 寝違え しびれ 頸痛
更年期障害 月経困難 不妊 逆子 お子様の夜尿症

呼吸器疾患
風邪がなかなか治らない、咳がでる、咳が止まらない、胸が痛い、息切れする、自汗(すこし動くと汗が出易く疲れ易い)、盗汗(寝汗)、喘息(ぜんそく)など

循環器疾患
血圧が高い、血圧が低い、動悸がする、不整脈など
消化器疾患
食欲が無い、胃がもたれる、異常に食欲がある、口が渇く、むねやけする、吐き気、下痢や軟便が続く、便秘する、げっぷが多い、お腹が張る、口内炎や口角炎がよくできる、舌にできものがよくできる、急性、慢性胃炎、胃下垂、胃潰瘍、肝機能障害など
泌尿器疾患
尿の回数が多い、夜たびたびトイレに起きる、尿が漏れる、尿の出がわるい、足が腫れる、顔がむくむ、膀胱炎、前立腺肥大、腎炎、インポテンツなど
神経系疾患
むちうち症、めまい、いらいらする、不眠症、夢ばかりみる、肩こり、神経衰弱、腰痛、坐骨神経痛、肋間神経痛、頚肩腕症候群、三叉神経痛、顔面神経マヒ、頭痛、片頭痛、脳貧血、脳卒中の予防と後遺症の回復、言語障害など
運動器疾患
寝違え、膝や肩、五十肩、肘などの関節炎や関節症、関節リウマチ、けん鞘炎、顎関節症、足の裏やかかとが歩くと痛いなど
皮膚病
アトピー性皮膚炎、湿疹、にきび、じんま疹など
美容にも効果! 当院では皮膚疾患以外で鍼灸治療を続けておられる方からも「肌がきれいになりシミや皺が少なくなった」とよく聞きます!気の巡りを良くする事でからだの内から美しくしましょう!
外科疾患
円形脱毛症、いぼ、おでき、帯状疱疹、ねんざ、打撲、椎間板ヘルニアなど
小児疾患
夜泣き、かんのむし、消化不良、夜尿症、小児喘息
婦人疾患
逆子、つわり、生理痛、生理不順、急に熱かったり寒かったりして汗が出る、足や腰が冷える、子供ができにくい、更年期障害
眼科疾患
眼が暗い、眼がかすむ、疲れ眼、眼けん痙攣、仮性近視など
耳鼻歯科疾患
めまい、耳が聞こえない、耳鳴する、耳がふさがった感じがする、アレルギー性鼻炎(花粉症)、蓄膿症、鼻血がよく出る、声がかすれる、声が出にくい、歯が浮く、歯の痛みがとれないなど
その他の症状
微熱がとれない、足の裏がしびれる、足が頼りない、腰が曲がってきた、手があつく気持ちが悪い、足がやける、足が冷える、やたらと眠たい、からだがすっきりしない、やる気がしない、根性が無い、寒がり、のぼせ易い、いつも不安感がある

 

●整骨・テーピング
腰痛 手痛 足痛 頸痛 肩痛
変形性膝関節症 ヘルニア むち打ち 脊柱狭窄症 寝違え
しびれ 神経痛 五十肩 腱鞘炎 捻挫
関節痛 オスグット 側弯症    

 

美顔鍼灸について

 

≪ 肩、首のこり ≫

≪ 腰 痛 ≫

この肩こり・首のコリ症状は、一番多いものです。細かい手作業、長時間の事務などの肉体疲労や心労、心痛などの精神的ストレス、また運動不足等が主な原因ですが、その他に、頚椎の変形、風邪、胃腸疾患、癌、更年期障害など他の病気からくる場合も有り注意が必要です。
軽い肩こりは、適当な体操・ストレッチングや温浴と共にツボへの鍼が大変有効です。

 

≪ 冷え性 ≫

多くの場合、女性が訴えます。自律神経の働きが低下すると血液循環が悪くなり冷えてきます。その他ホルモンのバランスが悪かったり、皮膚知覚の異常なども関与します。家庭では、膝から下の温浴や軽いスポーツをお勧めします。
厥陰兪、腎兪、次りょう、だん中、関元、肓兪、天枢、大巨、三陰交といったツボに温灸をするのも一考です。