お問い合せ


電話番号

施術時間


土曜午前は施術しております。
(午前)08:30~11:30です。
(午後)16:30~19:30です。
施術時間の詳細はこちら

院長プロフィール

健康アドバイス

女性鍼灸師治療コラム

女性特有の病気や悩み、冷え性からくる
肩こり・腰痛、ストレス等のコラムです。
女性お一人様でも安心してご来院下さい。
女性スタッフが在籍しています。

★2019年 11月の診察カレンダー

カレンダー

は休診日です。
は午後から休診です。

 

予め「ご予約」いただく事でお時間通りに確実に時間を確保致します。
予約の詳細はこちら

 

京都東インターすぐ
JR「山科駅」徒歩10分
京阪電車「四宮駅」から徒歩10分
地元の山科区(音羽、大塚、安朱、花山、大宅、御陵、竹鼻)での坐骨神経痛・脊椎管狭窄症の治療。
滋賀県大津市からもご来院いただいています。交通事故のリハビリも。

インスタグラム

▲インスタグラムもご覧くださいね

ツイッター

  • ひで鍼灸整骨院
  • ひで鍼灸整骨院院内

全ての患者様に対して25年の実績のある
院長自らが対応させて頂いています。

当院の鍼灸施術は、経絡による全身治療を特徴とします。鍼灸院と整骨院を併設しており、症状に適した治療法を選択します。女性特有の症状でお困りの方に対しては女性スタッフもおりますので安心してご来院・ご相談ください。地元山科の地で皆様に愛されて25年になります。
施術治療の際、予めご予約いただくと確実に時間の確保を致します。

完全予約制

 


自費治療、特に針、灸を受けたくない方は、前もって受付までお申し出ください。

 自費治療との混合治療の患者様は、一週間に1、2回通える方にお勧めします。
 保険治療のみの患者様 は、一週間に3回以上通える方 にお勧めします。
尚、当治療院での混合治療と保険治療のみの患者様の割合は、約70%、30%です。

→ 詳細はこちらをご覧ください。

患者様へ 消費税の外税導入のお知らせ

 

平素よりひで鍼灸整骨院鍼をご利用いただき誠にありがとうございます。
開院以来、治療費の消費税は内税方式とさせていただいておりましたが
2019年10月1日(月)より、保険適用外の自費治療に対しましては 消費税外税10%を課税させていただくことになりました。
患者様にはご負担をおかけいたしますが、何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

令和元年8月1日 ひで鍼灸整骨院 院長 金田水英

新着情報

 

【2019.11.01】
11月度の診察カレンダーを更新致しました。

 

■予め「ご予約」いただく事でお時間通りに時間を確保致します。予約の詳細はこちら
 木曜と土曜の午後は休診 致します。


患者様の坐骨神経痛治療について。坐骨神経痛でお困りの方へ鍼灸治療してます。

【2018.10.10】
院長の鍼灸整骨や趣味をインスタグラムで紹介しています。どうぞお立ち寄りくださいね。

【2017.3.01】
健康アドバイスは「弁護士主催の交通事故セミナー」です。
冷え性について」も案内しています。バックナンバーをご覧下さい。

【2015.4.01】
健康アドバイスは「交通事故について」です。バックナンバーをご覧下さい。

【2014.11.17】
岐阜県で行われた日本鍼灸師会全国大会に参加しました。

【2012.6.01】
京都市山科区四ノ宮「ひで鍼灸整骨院」のホームページを開設致しました。
当ホームページより鍼灸整骨の情報を発信し、皆さまのお役に立てるよう邁進致します。

 

交通アクセス

周辺マップ
〒607-8035 京都市山科区四ノ宮神田町19ヴィラ大成1-B

外観

京阪京津線 四宮駅から徒歩3分!
駐車場周辺写真はこちら

ひでの健康アドバイス

坐骨神経痛の治療 2019年8月

 

【患者様】坐骨神経痛による左臀部の痛み

 

学生さんで現在4回生(年齢22歳・男性)の方が坐骨神経痛による、左臀部の痛みでご来院。痛みの原因は2週間前に友達と遊んでいて友達を抱っこした際に腰痛を発症、半年前に腰痛を発症して整形外科で坐骨神経痛と診断されているとの事でした。
その時は鍼灸院に1ヵ月通院して治癒したとの事です。現在は、大学4回生のため実習で1日中立っていることが多く、 痛めた2週間前より徐々に痛みは強くなっていて特に左臀部痛が強くなっているという状態です。
腰部の後屈痛(そる)は少ないが、前屈時(前かがみ)の左臀部の痛みが一番苦痛であるとの事で治療は左腰臀部の坐骨神経痛とし治療開始いたしました。
症状が徐々に強くなっているという事ですが、体の治癒力と悪化する力のバランスが崩れていて悪化する力が増してきて痛みが強くなっているという事です。治癒力をアップする為に痛みのある部の腰臀部に負担がかかりにくい様に左背部及び左下肢の筋肉を緩める事をします。
背中は広背筋、ツボで言うと腎兪、志室から肩の付近まで、臀部は腸骨稜付近から仙骨までの硬いところ、長野式療法で言うと屈伸3点のツボを使い、太ももの裏の痛みはツボというよりも痛い所、硬い所に鍼を浅く治療します。


1日目の治療は、筋肉へのアプローチよりも自律神経へのアプローチをメインに治療をしました。1回目の治療で左臀部の痛みが半分までに軽減したとの事でした。3日目の治療でほぼ痛みはなくなったとの事。年齢が若いこともあって早く治った患者様でした。

急な腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方は一度、お気軽にご相談・ご来院ください。

 

健康アドバイス バックナンバーはこちらから