土曜日も施術しております。
(午前)08:30~11:30です。
(午後)16:30~19:30です。
施術時間の詳細はこちら

院長プロフィール

健康アドバイス

女性スタッフ治療コラム

女性特有の病気や悩み、冷え性からくる
肩こり・腰痛、ストレス等のコラムです。
女性お一人様でも安心してご来院下さい。
女性スタッフが在籍しています。

坐骨神経痛について

 

【症状】

坐骨神経痛とは、「症状」を示す表現であり、病名ではありません。坐骨神経とは腰椎と仙骨(腰の下部からお尻)から出る神経で、足の爪先まで続く一番長い神経と言われています。そして、この坐骨神経が背骨部分の途中で歪んだり、圧迫されてしまうと指先など体に痺れとして痛みがでます。これが坐骨神経痛です。この神経圧迫が起こりやすい部位が腰、でん部です。姿勢の歪みや背骨骨盤の歪みからくるものが殆どで、年齢性別に関係なく発症し、長時間座りっぱなしの姿勢や重いものを持ち上げる作業が多い場合は特に気をつけねばなりません。坐骨神経痛の酷い場合は寝返りをうつのも痛みを感じ、普通に歩けなくなるくらいにまでなってしまいます。

 

【当院の治療について】

坐骨神経の治療は基本的には、腰部と下肢の筋肉をゆるめる事、筋肉が緩むことによる血液循環の改善を目的に行います。
整骨の方では、ホットパックによる患部の温め、低周波治療器での電気治療、そして後療法によるマッサージ、最後にストレッチおよび徒手による特殊療法などにより、疼痛を収めていきます。
鍼灸治療の方は、局所的には、疼痛のある腰部や下肢に灸頭鍼(はりの上にお灸を乗せたもの)や電気鍼(はりにパルス電気を流す)ことにより、筋肉のゆるみ及び血液循環を改善します。
鍼灸の全身経絡治療では、坐骨神経痛は肝虚証と診断し血虚といいます。(血が足りませんねと言うことです。)そのため、血を動かす肝機能を良くしたり、血の中の水分不足を補うために腎機能を良くする全身調節治療をして、それから局所的な治療(灸頭鍼、電気鍼)になります。

 

治療イメージ

 

坐骨神経痛の原因について

 

【原因】
主に腰部に起こる脊髄狭窄症、椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、その他などでおこります。要するに腰部付近に起こる神経および血管の圧迫症状によるものなのです。
その圧迫しているのは、変形した骨、軟部組織(硬くなっている靭帯、筋肉)だったりします。

 

■腰痛と坐骨神経の違い
腰痛は、腰からおしりまで、坐骨神経痛はおしりや太もも又はふくらはぎまでしびれ痛みがおこります。腰痛と坐骨神経痛が一緒に出る場合もあります。

 

■下肢(おしりから下の足の事)の神経痛の種類
腰部から下肢への痺れには、何種類かに区別ができます。腰部と言う大きな駅があるのですがそこから目的地に向かって路線が違うのです。

 

   

▲上記画像をクリックすると大きな画像で確認いただけます。

一番大きい路線、坐骨神経路線です。この坐骨神経路線が一番多い疾患です。
腰よりおしりを通り太ももの後ろを通り膝下へ…それから枝分かれをして膝下の前、向う脛に行く路線とふくらはぎに行く路線と分かれていきます。
二番目の路線は、大腿神経路線、腰の方から太ももの前に痛み痺れが出る路線
三番目の路線は、閉鎖神経路線、太ももの内側から硬いに行く路線です。
大きく分けるとこんな感じになりますが、細かい神経、血管がありますから坐骨神経路線と大腿神経路線の間、太ももの横に痛みが出るタイプや色々とあるのです。

 

■(急性と慢性治)治療の考え方
急性か慢性によって治療全体の考えが少し違います。急性の場合は腰部捻挫や腰部ヘルニア等の為、炎症があったり損傷(傷口)があったりしますので患部(特に腰部)に関しては安静が必要になります。ですから特に手足を使った治療で体の緊張を取るような治療がメインになります。
慢性の場合は、患部そのもの、腰部だったり、おしりだったり、太ももだったり、直接、症状のあるところに治療していきます。これを間違えると治療後、痛みがきつくなったりします。

 

■鍼灸治療の方法
鍼灸治療は基本的に体の状態を全的に良くさせるのが目的です。その結果、自然治癒力がアップしてケガや病気が治る。また、治りやすくなるという治療法です。
ですから坐骨神経痛の様な疾患には、血行、造血を主とした肝経及び脾経の治療をするのがメインになります。鍼灸で筋肉、軟部組織の状態を調節して損傷部の回復を早期にさせます。

 

■鍼治療の方法
全身調節の治療には、深さ約1ミリぐらいの針を頭部、腹部、手足に治療し自然治癒能力をアップさせます。
痛いところの治療、いわゆる局所治療には、腰部及び下肢の硬いシコリのある所を治療します。硬くなったところの中もしくは下に神経や血管があるのでそれを緩めるのです。針の雀琢と言う手技を使って硬い所を取ったりします。
また鍼灸では経絡と言う道があり、いわゆる路線です。その路線を刺激することにより痛みやしこりを取る方法もあります。

 

■灸治療の治療
痛みのある部位に、温熱治療(あたたかい灸)をします。直接肌にはしませんのでやけどの心配はありません。それと灸頭鍼と言う手技では針と灸を同時に使って治療効果を高めます。

 

■鍼灸治療の良い点…他の治療と違う点
痛い部分に直接深部までアプローチできる点です。マッサージ、整体、カイロは、皮膚の上からしかアプローチできませんが鍼は深部まで硬いしこりまで直接刺激できることです。
それともう一つ、鍼灸では経絡と言う道があり、いわゆる路線です。痛い所と全然違う所に鍼をして痛みやシコリを取る方法です。遠隔治療と言うものです。患者さんは驚かれて、鍼はよく効くと言われる元になっているものです。

 

 

★肩こり・坐骨神経痛の動画です。(約4分)

 

腰痛について

 

大きく分けて腰だけ痛い人と腰と足まで痛い人と2つあります。


○腰だけ痛い人は

1、椎間関節性腰痛、2、筋・筋膜性腰痛、3、脊柱後方靭帯断裂症
4、変形性脊髄症5、姿勢性腰痛6、脊椎すべり症7、脊椎圧迫骨折など

○腰と足まで痛い人は
1、椎間板ヘルニア、2、脊柱狭窄症、3、梨状筋症候群、
4、変形性脊椎症、5、脊椎すべり症など

2つで重複するものはありますが簡単に言いますと

○腰だけは痛い人はー特に椎間関節性腰痛、筋・筋膜性腰痛、姿勢性腰痛などで筋肉を包む筋膜や筋繊維の損傷、あるいは椎間関節の捻挫です。何気ない動作で起こる事もありますが、日常の不自然な身体の使い方によって筋肉に慢性的な疲労が溜まって、日ごろの動作でもそれが引き金となって痛みが出るのです。
なぜあんなに激痛なのか。それは損傷した筋肉は大きくないのですが腰部にかかる負担は体重60㎏の人で約5倍の300㎏ほどの負荷がかかるといわれています。ですから指のささくれみたいな傷でも300㎏で引っ張られると激痛になるのがわかると思います。

 

○腰と足まで痛い人はー特に椎間板ヘルニア、脊柱狭窄症、脊椎すべり症などで腰椎周囲の疾患が原因となって、大腿部や下腿部・足部の灼熱感を伴う痛みやしびれ、感覚の鈍麻、筋力の低下などが起こる事があり、この症状を坐骨神経痛、大腿神経痛と呼びます。
ですが「椎間板ヘルニア」あるいは「坐骨神経痛」と診断されても、神経痛ではなく、筋肉のトラブル(硬くなったり炎症が起こったり)で早期に改善する事も多々あります。

 

ちなみに東洋医学では腰痛を

 

■ギックリ腰は肝虚か腎虚が多い
■朝起きた時に腰に板が張り付いた感じや腰が抜けるような感じは腎虚が多い
■腰がだるいまたは雨の降る前に悪化するのは脾虚が多い
■風邪の後で起こる腰痛は肺虚か脾虚が多い
■坐骨神経痛は基本的に肝虚が多い

 

この様な考え方がされています。
みなさんも思い当たるものがあるのではないでしょうか。

 

坐骨神経痛でお悩みの患者様

坐骨神経痛による左臀部の痛み

 

学生さんで現在4回生(年齢22歳・男性)の方が坐骨神経痛による、左臀部の痛みでご来院。痛みの原因は2週間前に友達と遊んでいて友達を抱っこした際に腰痛を発症、半年前に腰痛を発症して整形外科で坐骨神経痛と診断されているとの事でした。
その時は鍼灸院に1ヵ月通院して治癒したとの事です。現在は、大学4回生のため実習で1日中立っていることが多く、 痛めた2週間前より徐々に痛みは強くなっていて特に左臀部痛が強くなっているという状態です。
腰部の後屈痛(そる)は少ないが、前屈時(前かがみ)の左臀部の痛みが一番苦痛であるとの事で治療は左腰臀部の坐骨神経痛とし治療開始いたしました。
症状が徐々に強くなっているという事ですが、体の治癒力と悪化する力のバランスが崩れていて悪化する力が増してきて痛みが強くなっているという事です。治癒力をアップする為に痛みのある部の腰臀部に負担がかかりにくい様に左背部及び左下肢の筋肉を緩める事をします。
背中は広背筋、ツボで言うと腎兪、志室から肩の付近まで、臀部は腸骨稜付近から仙骨までの硬いところ、長野式療法で言うと屈伸3点のツボを使い、太ももの裏の痛みはツボというよりも痛い所、硬い所に鍼を浅く治療します。


1日目の治療は、筋肉へのアプローチよりも自律神経へのアプローチをメインに治療をしました。1回目の治療で左臀部の痛みが半分までに軽減したとの事でした。3日目の治療でほぼ痛みはなくなったとの事。年齢が若いこともあって早く治った患者様でした。

急な腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方は一度、お気軽にご相談・ご来院ください。

2019年7月


デスクワークによる坐骨神経痛、下腿外側痛

 

デスクワークによる、坐骨神経痛、特に下腿外側(ふくらはぎ)痛で女性の方(50代)がご来院。仕事は一日中パソコンを使われており、週に6日フルの座り仕事です。原因は不明であり、病院では加齢によるものと言われてご来院を決断されました。

脊髄狭窄症治療

半年前に左下腿部(ふくらはぎ)外側に痛みが出たようで、その後、両下腿部そして腰部と痛みが徐々に強くなって、病院で診察をしてもらい脊髄狭窄症と診断されました。湿布と投薬で6ヶ月が過ぎ、症状が改善されず、少し痛みが強くなったので鍼灸院へ来院されました。今までも腰痛になったことはあったが下腿部(ふくらはぎ)痛はなかったとの事です。

当院での治療は女性である点、あまり運動はされない点、中年期になる点などを考慮し、軽い刺激で特に自律神経で緊張している交感神経を緩めることに目的を置き、3回の治療を続けていただきました。
3回目の治療後、全体的な痛みは10から7へと軽減したとの事でしたが、左下腿部(ふくらはぎ)は痛みはまだ強く感じられておりました。時々あるのですが全体の痛みが軽減したせいで、一箇所が強く痛みを感じることがあります。

その為、左下腿部(ふくらはぎ)痛の軽減を目的し、左大腿部(太もも)後面下部外側の硬結部、ツボで言うと委中の外側上方の腓骨神経の分岐点に少し強い刺激で何度かアプローチしました。その後2回続けて同じ治療をしました。左下腿部(ふくらはぎ)の痛みは10から3にまで軽減しました。
現在は夕方になると腰部痛が強くなられることもあり、週に一回の治療を継続されています。

上記のような腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方は一度、お気軽にご相談・ご来院ください。

2019年7月


坐骨神経痛症状で来院された患者様

 

お仕事は基本的に事務職の方(男性・65歳)が坐骨神経痛で来院されました。
3ヶ月前に腰部及び下肢、特に右足に痛みが出現、家の近くの整形外科へ通院されていましたが整形外科では脊髄狭窄症と診断され、薬及び湿布をもらい症状観察とのこと。その後電気治療などをするが症状は改善されず少しずつ痛みが強くなっているので当院に来院されました。

症状は腰部より右臀部及び右下腿部外則痛が1番辛いとのことでした。朝および夕方になると痛みが強くなり、長い時間歩くと痛みも強くなる、お風呂に入ると少し楽になられるという状態です。

いわゆる坐骨神経ラインに痛みが出現しています。整形外科では脊髄狭窄症と診断を受けているので脊髄狭窄症による坐骨神経痛と考え治療を行いました。脊部の猫背が強くなっているため、腰部の圧迫症状が強くなって痛みを感じているおよび坐骨神経痛になっていると考え、背部の治療と下肢分の治療を中心にしました。

坐骨神経痛治療

腰部ももちろん治療を行いますが脊髄狭窄症の圧迫の変化が大きいと痛みが強くなることがあるので、初めての2、3回は、痛みが強い下肢を中心に、それと腰部に負荷をかけている背部を緩める目的で治療を行いました。

今回の患者さんは、3回で症状の半分ぐらいは軽減されたとの事。症状が出て短期間なので筋肉の硬くなっているのが弱かったのか早く症状が軽減しました。その後、約10回の治療でほぼ症状は改善されました。現在は脊髄狭窄症の進行をさせないために週一回の治療に来院されています。

腰痛、坐骨神経痛でお悩みの方は一度、お気軽にご相談・ご来院ください。

2019年6月